あおさの魅力 Attractive

あおさとは

さまざまに味わえる、香り高い海の幸・あおさ。
「青のり」や「あおさ」と呼ばれている製品の原材料である海藻は、「スジアオノリ」「ヒトエグサ」「アオサ」の主に3つに分類されます。
マルリフーズが取り扱っている「ヒトエグサ」は、食感がよく、香り高いという特徴があります。佃煮などに加工したり、乾燥させたり、粉末状にしたりと、さまざまな味わい方を楽しむことができます。

ヒトエグサ

ヒトエグサ

葉が厚いため煮込みに適し、佃煮の原料や、スープの具材などに多く使われます。産地は、国内生産量の7~8割を占める三重県をはじめ、福島県・静岡県・愛知県・熊本県・鹿児島県・沖縄県など。ちなみに、沖縄ではあおさのことを「アーサー」と呼んでいます。

スジアオノリ

スジアオノリ

香りが高く、高級品とされている品種で、ポテトチップの粉末などに使われています。昨今は、陸上養殖も行われています。産地は、高知県(四万十川)・徳島県(吉野川)など。

アオサ

アオサ

「アオサ」「青粉」と呼ばれる品種で、主に焼きそば・お好み焼きなどのトッピングに使われます。産地は、愛知県(渥美半島)・静岡県(浜名湖)・岡山県など。

あおさの成分

食物繊維(g)44.2
たんぱく質(g)16.6
脂質(g)1
ナトリウム(mg)4,500
カリウム(mg)810
カルシウム(mg)920
マグネシウム(mg)880
鉄(mg)3.40
銅(mg)0.86
マンガン(mg)1.32
βカロテン(mcg)8,600
ビタミンA(mcg)710
ビタミンB1(mg)0.3
ビタミンB2(mg)0.92
ビタミンB12(mcg)0.3
葉酸(mcg)280
ビタミンC (mg)38

あおさのおいしい食べ方

あおさを使ったおいしい食べ方、お料理レシピをご紹介しています。

VIEW MORE

イラスト